保温工事・ダクト工事のことなら、静岡県の富士断熱株式会社にお任せください。

創業から半世紀以上の豊富な経験と高い技術

富士断熱株式会社

〒424-0902 静岡県静岡市清水区折戸4-8-22

営業時間

8:00~17:00
(土日祝を除く)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

054-334-0211

歴史と由来

こちらでは当社の歴史と名前の由来についてご紹介いたします。

 

富士断熱の歩み

1958年(昭和33年)4月1日 創業

1939年から1958年創業まで

創業者である岩崎喜代史は、福岡県八幡市にあったスラッグウール業所(断熱工事会社)に勤務していました。

1939年 日本軽金属株式会社が静岡県清水市三保(現在の静岡市清水区三保)に建設されることになり、1940年(昭和15年)3月、50万円前後で断熱工事(保温、保冷関係一切)を受注、同工場内に作業場を設立、そのまま責任者として建設に尽力しました。

当時、大学卒業者の初任給が70円という時代でしたので、軽く10億は超える受注額でした。

大東亜戦争中を通じ、保温・保冷工事の施工に従事、やがて戦争が終わった1945年(昭和20年)、一度スラッグウール工業所を退職します。

1950年 当時スラッグウール工業所の社長をされていた横尾氏に再度声をかけていただき、自らが手がけた日本軽金属株式会社の設備メンテナンス業務に就くため、福岡県北九州市から静岡県清水市に居を移します。そして同市折戸633に合名会社スラッグウール工業所清水出張所事務所を開設します。

同時期に資本組織が改められたため、合名会社から株式会社スラッグウール工業所清水出張所となりました。その後、事務所を静岡県清水区上清水306番地に移転し営業を継続。

この間、製糖、汽缶(ボイラー)、造船、製油、缶詰、製紙、合板などの企業の工場の受注を得るにいたり、独立経営可能の状態となります。

 

創立から1970年代(オイルショック)

1958年(昭和33年) 横尾氏の勧めで独立。株式会社スラッグウール工業所清水出張所を閉鎖し、同出張所の営業権の一切を継承、「冨士断熱工業株式会社」を創立しました。

1960年10月 現在の本社所在地である清水市折戸633に移転。

ちなみに、ここは世界遺産三保の松原から車で5分という場所です。

このころ、同名会社との誤認が多くなり、冨士断熱工業を富士断熱に改名しました。

やがて日本軽金属株式会社が北海道苫小牧市に工場を建設することになり、工場の建設からメンテナンスのため、苫小牧市に営業所を開設します。

順調に業績を伸ばしてきましたが、1970年代にはいり、世界経済を混乱させたオイルショックが当社にも大きな影を落とします。重油が高くなるのだから保温工事の需要が高まるかと思えましたが、工場の設備投資が激減、当社もたいへん苦しい時代を耐えたそうです。

 

1970年代後半から1980年代(ダクト事業部開設)

そんな状況でしたが、なんとか新たな事業を広げることに成功します。

もともと建設工事業は観光業と同じで、繁忙期と閑散期があります。そのため、ヒマな時期に当社が得意としていた板金技術を活かし、船舶用ダクト制作取り付けを始めます。

最初は船舶の仕事が主だったのですが、その腕を見込まれ、ビルのダクト設備をやるようになりました。しかし慣れない仕事で、ずいぶんと赤字を出して苦労したようです。

時違わず、世の中の「ボーリングブーム」でボーリング場の建設ラッシュという波にのります。やがて静岡の街のあちらこちらに高層ビルが建つようになり、受注拡大に対応するため、1981年ダクト工場を取得、ダクトを事業部として立ち上げました。

そのダクト事業が、今では保温事業とならび当社の2本柱となっています。

 

現在

富士断熱は、戦後の日本の歩みとと共に成長発展してきました。

高度成長期、オイルショック、バブル、リーマンショック、長い長い低迷期を工場の設備に寄り添ってまいりました。

老朽化した設備をベストな環境でうごかすために工夫し、新たな設備に対応するために工夫をするという経験を繰り返すことで、当社の技術は磨かれてきました。

これからも、経験と知識、知恵と工夫でお客様の工場や設備をベストな環境で動かすために尽力する会社、そして同時に日々さまざまな経験をさせていただくことで成長するスタッフをバックアップする会社であり続けます。

富士断熱 名前の由来

今でも当社から富士山をのぞめます。

1958年独立のとき、岩崎喜代史は、お世話になった株式会社スラッグウール工業所の横尾社長に会社の名前について相談したそうです。

そのとき横尾社長が「あなたの会社から富士を見ることができる。富士が見えるところで断熱工事業をやるのだから、冨士断熱工業がよいでしょう。」と名付けてくださったそうです。

ところがしばらくすると、よくわからない郵便がとどくようになりました。

しらべてみると、愛知県に富士断熱工業という断熱材などを製造している会社があり、どうやらそちらの会社の郵便が間違って届いているということが判明。

これはまぎらわしいということで、1963年、「冨士断熱工業」から「工業」」をとり、また「冨士」を「富士」と改めて、「富士断熱」と改名しました。

その他のメニュー

会社概要

当社概要、拠点などをご紹介しております。

代表者ごあいさつ

当社代表者のごあいさつを掲載しております。

会社沿革

当社の歩みと社名の由来をご紹介しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

054-334-0211

受付時間: 8:00~17:00(土日を除く)

Blog~今週のお仕事

毎週更新中

Blog~今週のお仕事では、当社の仕事の一部を、写真でご紹介しております。ぜひご覧ください。

こちらをご覧ください